筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

長掌筋

手関節の筋肉と骨格

長掌筋(ちょうしょうきん)

更新日:







長掌筋は上腕骨内側顆から前腕の掌側中央を走行し手掌腱膜に付着する筋肉で、手首の屈曲とわずかに肘関節の屈曲に働く筋肉です。

長掌筋の解説

長掌筋

長掌筋の走行と働き

長掌筋の起始部は上腕骨内側顆で前腕~手首のほぼ中央を走行して第2・3・4・5中手骨の手掌腱膜に停止します。

長掌筋は橈側手根屈筋や尺側手根屈筋と同じく手根(手首)を屈曲させる強い筋肉ですが、橈側手根屈筋は手首の屈曲とともに外転(撓屈)、尺側手根屈筋は内転(尺屈)にも関与しますが、長掌筋は手首の中央を走行しているため手首の屈筋としてのみ作用します。

また、長掌筋は肘関節と手関節をまたぐ多関節筋なので、手首の屈筋としての役割の他にわずかに肘関節の屈曲にも作用します。

起始部:
上腕骨内側顆

停止部:
第2・3・4・5中手骨の手掌腱膜

機能:
手首の屈曲、わずかな肘関節の屈曲

長掌筋の起始部

長掌筋の起始部

choushoukinの起始部

長掌筋の起始部は上腕骨内側顆で、手首の屈筋群(長掌筋橈側手根屈筋尺側手根屈筋)は全てここに起始部を持ち、長掌筋などの手首の屈筋群が収縮することにより手首の屈曲が起こります。

長掌筋の停止部

長掌筋の停止部

長掌筋の停止部

長掌筋の停止部は第2・3・4・5中手骨の手掌腱膜です。

長掌筋は前腕の手掌側から手首のほぼ中央を走行しているため、手関節の撓屈尺屈には直接には関与しません。

神経支配

正中神経(C6・7)

長掌筋の触診

長掌筋は前腕の手掌側内側と手首の中央で触れることができます。

長掌筋の働き

長掌筋は手首の屈曲に強く働き、わずかに肘関節の屈曲にも働きます。

手首の屈曲

長掌筋の働き

長掌筋の働き、手関節の屈曲

長掌筋の手関節の屈曲とは、手首が前腕の前面に向かう動きで、手関節は顆状関節で、前腕の骨である橈骨と手根骨(舟状骨・三角骨・月状骨)の間で屈曲が起こります。

一般的に手首は70~90°曲げることができ、手関節の動きには数多くの内在筋も関与しますが、大きな筋肉では手首だけを曲げる筋肉には3つあり、長掌筋橈側手根屈筋尺側手根屈筋の3つの筋肉が手関節の屈曲に関与します。

また、手の指を曲げる筋肉、浅指屈筋深指屈筋長母指屈筋も指も曲げる働きとともに手首を曲げる動きにも関与します。

肘関節の屈曲の補助

長掌筋の肘関節の屈曲

長掌筋の肘関節の屈曲の補助

長掌筋の肘関節の屈曲とは、肘が伸びている状態(伸展位)から肘を曲げる動きで、一般的に肘関節は0°の伸展位から140~150°まで屈曲が可能です。

位置的に見ると上肢の前方にある上腕筋上腕二頭筋などの筋肉が肘関節を力強く屈曲させる筋肉で、前腕の橈側にある腕橈骨筋も肘の屈曲に関与し、長掌筋は肘関節をまたぐ多関節筋なので肘の屈曲を補助する働きも持ちます。

機能強化

長掌筋のみを単独で機能強化することは困難で、手首の屈筋群(長掌筋・橈側手根屈筋・尺側手根屈筋)として全体的に機能強化することができます。

筋力強化

長掌筋に限らず、手関節を動かす筋肉と手の指を動かす筋肉の機能強化には「指立て伏せ」が共通してあげられます。

長掌筋は手首の屈曲の動きに負荷をかけることで鍛えられるので、長掌筋の筋力強化にはバーベルやダンベルを持って手首を可動域全体にわたり屈曲させる運動(リスト・カール)も適しています。

ストレッチング

長掌筋は手首の最大伸展でストレッチングが可能ですが、肘関節も最大伸展させておきます。

関連記事・広告

-手関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.