筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

長趾屈筋

足関節の筋肉と骨格

長趾屈筋(ちょうしくっきん)

更新日:







長趾屈筋は下腿後方の深部にある筋肉で、母趾以外の足趾を屈曲させる主働筋であり、足関節の底屈、足の内反にも関与します。

長趾屈筋の解説

長趾屈筋

長趾屈筋の走行と機能

ふくらはぎの深部の筋肉長趾屈筋脛骨の後方に起始部を持ち、下方では腱となり内果(内側のくるぶし)の後方から足底を通って、母趾以外の足趾の末節骨に停止します。

長趾屈筋は母趾以外の足趾を屈曲させる主働筋であり、足関節の底屈と足の内反にも作用します。

長趾屈筋の起始部:
脛骨後面の下方2/3

長趾屈筋の停止部:
第2~第5趾の末節骨底

長趾屈筋の機能
第2~第5趾の屈曲、足関節の底屈、足の内反

長趾屈筋の起始部

長趾屈筋の起始部

長趾屈筋の起始部

長趾屈筋の起始部は脛骨の後方下方2/3です。

脛骨と腓骨、距骨は足関節(距腿関節)を形成し、長趾屈筋の底屈の動きはこの足関節で起きます。

長趾伸筋の停止部

長趾屈筋の停止部

長趾屈筋の停止部

長趾屈筋の停止部は母趾以外の足趾の末節骨です。

足の骨格の後足部は脛骨の下に距骨と踵骨があり、中足部は5つの足根骨、前足部は中足骨、趾骨(基節骨・中節骨・末節骨)と続きます。
(母趾の趾骨は基節骨・末節骨で、他の四指に比べて骨が一本少ない)

長趾屈筋の神経支配

脛骨神経(L5、S1)

長趾屈筋の触診

長趾屈筋は下腿深部にあり触診はできません。

長趾屈筋の拮抗筋

長趾屈筋が母趾以外の足趾を屈曲させ、長趾伸筋が母趾以外の足趾を伸展させる筋肉で、この2つは拮抗筋として覚えやすい筋肉です。

母趾は長母趾屈筋長母趾伸筋が拮抗筋同士になります。

長趾屈筋の働き

長趾屈筋は母趾以外の足趾の屈曲、足関節の底屈、足の内反の働きを持ちます。

足趾の屈曲

長趾屈筋の足趾の屈曲

長趾屈筋の足趾の屈曲

長趾屈筋の足趾の屈曲とは足趾、つま先を足底の方へ丸める動きです。

足趾の屈曲の動きはいくつかの関節で起こりますが、母趾以外の中足趾節関節(MP関節)では約40°の屈曲、近位趾節間関節(PIP関節)では約35°の屈曲、遠位趾節間関節(DIP関節)では60°の屈曲が可能です。

足関節の底屈

長趾屈筋の底屈

長趾屈筋の足関節の底屈

長趾屈筋の底屈の働きとは、足が脛骨から遠ざかる動きで長趾屈筋のような下腿の後方の筋肉が関与します。

底屈は足関節で起こる動きで、一般的には約50°の底屈が可能です。

足の内反

長趾屈筋の内反

長趾屈筋の内反の動き

長趾屈筋の内反とはつま先と足の底が内側に向かい、足の内縁で立つような動きです。

内反と外反は厳密には足関節の動きではなく、距骨下関節横足根関節で起こる動きで、一般的に足は約20~30°の内反が可能です。

機能強化

長趾屈筋は歩行や走行、ジャンプなどの動作に必ず必要な筋肉というわけではありませんが、長趾屈筋は足首の強さにも関わる筋肉です。

筋力強化

足趾を地面に押さえながら歩くと長趾屈筋を鍛えるよいエクササイズになります。

またタオルなどで、足趾の屈曲に負荷をかけても長趾屈筋を鍛えることができます。

ストレッチング

長趾屈筋は膝を曲げ、足関節を背屈、足を内反の状態にして、第2~第5趾を他動的に極端な伸展位にすることでストレッチングすることができます。

関連記事・広告

-足関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.