筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

円回内筋

肘関節の筋肉と骨格

円回内筋(えんかいないきん)

更新日:







肘関節の前面を走行する円回内筋は肘関節の屈曲に伴い、前腕を回内するときによく使われる筋肉です。

円回内筋の解説

円回内筋

円回内筋の走行と働き

円回内筋上腕骨内側顆と尺骨鉤状突起の内側に起始部を持ち、肘関節の前面を走行し橈骨中央より近位の外側に停止する筋肉です。

円回内筋は肘を曲げつつ、前腕を回内するときによく使われます。

起始部:
上腕骨内側顆、尺骨鉤状突起の内側

停止部:
橈骨中央より近位の外側

機能:
前腕の回内

円回内筋の起始部

円回内筋の起始部

円回内筋の起始部

円回内筋の起始部は上腕骨内側顆と尺骨鉤状突起の内側です。

上腕骨は肩甲骨と肩関節、尺骨と肘関節を構成しますが、肘関節は曲げる・伸ばすといった単純な動きしかできない蝶番関節で、円回内筋の前腕の回内の動きは尺骨と橈骨の橈尺関節で生じる動きです。

円回内筋の停止部

円回内筋の停止部

円回内筋の停止部

円回内筋の停止部は橈骨中央より近位の外側です。

橈骨は尺骨と橈尺関節、手根骨と手関節を構成しますが、上腕骨とは接していないため肘関節には含まれません。

前腕の動きと肘関節の動き、手関節の動きは混同されやすいのですが、それぞれ別の独立した関節であることを理解しましょう。

神経支配

正中神経(C6・7)

円回内筋の触診

円回内筋は前腕上部の内側前面で触れることができます。

円回内筋の働き

円回内筋は前腕の回内に働き、肘関節の屈曲の補助筋としても働きます。

回内

円回内筋の働き

円回内筋の前腕の回内の動き

主な円回内筋の働きは前腕の回内です。

前腕を内側に回す動きを回内と呼び、肘関節ではなく尺骨と橈骨が構成する橈尺関節で生じる動きです。

回内は主に前腕の前方に位置する回内筋群(円回内筋方形回内筋腕橈骨筋)によってコントロールされ、一般的に橈尺関節は70~90°回内が可能です。

肘関節の屈曲の補助

円回内筋の肘関節の屈曲

円回内筋の働き、肘を曲げる動き(肘関節の屈曲)

円回内筋の肘関節の屈曲とは肘を曲げる動きで、円回内筋は肘の屈曲の主働筋(上腕筋上腕二頭筋)を補助します。

一般的に肘関節は0°の伸展位から140~150°まで屈曲が可能で、肘が20°以上曲がると骨格による安定性は低下して、肘関節は内側と外側に不安定になります。

機能強化

円回内筋のみを単独で鍛えたり、ストレッチングすることは困難ですが、前腕の回内に負荷をかける運動で鍛えられたり、肘関節を完全に進展したまま前腕を完全に回外位にすることでストレッチングが可能です。

関連記事・広告

-肘関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.