筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

ハムストリングス内側表層の筋肉

骨盤と股関節の筋肉と骨格 膝関節の筋肉と骨格

半腱様筋(はんけんようきん)

更新日:







太ももの筋肉、大腿後面にある半腱様筋はハムストリングの一つです。

半腱様筋はハムストリングスを構成する筋肉と同様に、股関節の伸展と膝関節の屈曲に働き、股関節を内旋、膝関節を内旋させる働きも持ちます。

半腱様筋

半腱様筋

半腱様筋の走行と働き

大腿後部にある半腱様筋は股関節膝関節をまたぐ二関節筋です。

股関節の伸展と膝関節の屈曲が同時に行われたときは、半腱様筋は大きな力を発揮しませんが、どちらかの関節でのみ動きが生じるときには非常に大きな力を発揮します。

半腱様筋の起始部
坐骨結節

半腱様筋の停止部
脛骨粗面の内側(鵞足部)

半腱様筋の機能
股関節の伸展、膝関節の屈曲、股関節の内旋、膝関節の内旋

半腱様筋の起始部

半腱様筋の起始部

半腱様筋の起始部

半腱様筋の起始部は坐骨の坐骨結節です。

坐骨は腸骨と恥骨とで寛骨を構成し、寛骨と仙骨を骨盤と呼び、寛骨と大腿骨が股関節を構成します。

半腱様筋を含むハムストリングスを構成する筋肉(半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋)は全て坐骨結節を起始としています。

半腱様筋の停止部

半腱様筋の停止部

半腱様筋の停止部

半腱様筋の停止部は脛骨粗面の内側です。

ここは半腱様筋が停止するだけでなく、縫工筋薄筋も停止部を持ち、この3つの筋肉の付着部がガチョウの足に似ているので鵞足部(がそくぶ)とも呼ばれるところです。

脛骨は大腿骨と膝関節を構成し、膝関節は動きは単純ですが大きな可動域を持っている人体最大の関節です。

半腱様筋の神経支配

坐骨神経の脛骨側(L5、S1・2)

半腱様筋の触診

半腱様筋は膝の後方の内側部で触診することができます。

半腱様筋が構成するハムストリングス

半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋を総称してハムストリングスと呼びます。

大腿後面にあるハムストリングスは膝関節において大腿前面の大腿四頭筋の拮抗筋として働き、半腱様筋を含むハムストリングスが膝を曲げ、大腿四頭筋が膝を伸ばす働きをします。

この2つの筋肉は方向や走行、ジャンプ動作に関与する、力強い下半身の動きを引き出すには不可欠の筋肉です。

半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋は全て坐骨結節を起始とし、半腱様筋と半膜様筋は脛骨の内側部に停止します。
(正確には半腱様筋は脛骨の前方内側に、半膜様筋は後方内側に停止します)

ハムストリングスを構成する3つの筋肉


半腱様筋の働き

半腱様筋は主に膝関節の屈曲、股関節の伸展に働きますが、股関節の内旋、膝関節の屈曲に伴う内旋にも関与する筋肉です。

膝関節の屈曲

半腱様筋の働き

半腱様筋の働き、膝関節の屈曲

半腱様筋の膝関節の屈曲とは、かかとが臀部に近づく動きで、膝を曲げる動きです。

膝関節は通常0°の伸展位から約140°の屈曲が可能です。

股関節の伸展

半腱様筋の股関節の伸展

半腱様筋の股関節の伸展の動き

半腱様筋の股関節の伸展とは、太ももがまっすぐに後方に骨盤から離れていく動きで、主に身体の後方に位置する筋肉が股関節の伸展に関与します。

股関節の伸展の可動域は一般的に0~30°です。

恥骨大腿靭帯は股関節の前方内側に位置し、股関節の過剰な伸展と外転を防いでいます。

膝関節の内旋

半腱様筋の内旋

半腱様筋の内旋の動き

半腱様筋の内旋の働きとは膝関節が下腿が中心を軸に内側に回る動きです。

膝関節は屈曲に伴い回旋の動きが生じますが、半腱様筋と半膜様筋は内旋させ、大腿二頭筋は外旋させる働きを持ちます。

完全な伸展位では膝は外旋と内旋はほとんどできませんが、膝関節が30°以上屈曲すると30°の内旋と45°の外旋が可能になります。

股関節の内旋

半腱様筋の股関節の内旋

半腱様筋の股関節の内旋の動き

半腱様筋の股関節の内旋の働きとは、股関節を構成する大腿骨がその中心を回転の軸として内側に向かう動きです。

股関節の内旋の可動域は一般的には0~45°です。

半腱様筋の機能強化

半腱様筋を含むハムストリングとその拮抗筋である大腿四頭筋は、ほとんどの運動やスポーツでも非常に重要です。一般的には大腿四頭筋はハムストリングスより25~33%強いのが理想とされています。

半腱様筋を含むハムストリングスの筋力強化と柔軟性向上のトレーニングは、膝のケガの予防に非常に重要です。

立ってでも座ってでも、膝を伸ばして前屈し足先に手が届かない方は明らかに、半腱様筋を含むハムストリングスの柔軟性不足です。

半腱様筋の筋力強化

半腱様筋は主に膝を曲げる働きを持つので、膝を曲げる動きに負荷をかけることで筋力強化でき、特に半腱様筋はレッグ・カールという運動で効果的に鍛えることができます。

これは膝を曲げ下腿を太ももに近づける運動ですが、伏臥位(うつぶせ)になり膝を曲げていってもいいし、立位で足首に重りをつけて行ってもよいエクササイズになります。

より集中的に半腱様筋を鍛えたいのならば、屈曲の可動域全てにおいて内旋位を保ちながらレッグ・カールを行うといいでしょう。

半腱様筋のストレッチング

半腱様筋の働きの逆、膝関節の伸展と股関節の屈曲で半腱様筋のストレッチが可能です。

膝関節を完全に伸展させ上体を前屈(股関節を屈曲)すれば、半腱様筋を含むハムストリングス全体を伸ばすことができます。


固い股関節を柔らかくする方法
固い股関節を柔らかくする方法を恵比寿整体院が徹底解説。

私の運営する恵比寿整体院ではよく「股関節が固い…」「固い股関節を柔らかくしたい」などのご相談をよくいただきます。 私自身、スケートやスノーボードをよくするので自分でも固い股関節を柔らかくするため、股関 ...



関連記事・広告

-骨盤と股関節の筋肉と骨格, 膝関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.