筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

腓腹筋

足関節の筋肉と骨格

腓腹筋(ひふくきん)

更新日:







ふくらはぎは腓腹(ひふく)ともいい、腓腹筋ヒラメ筋の上に重なり、この2つの筋肉の下部はともにアキレス腱となり踵骨に付着します。

腓腹筋は膝関節と足関節をまたぐ二関節筋で、腓腹筋は足首を底屈させる動きと、膝を曲げる動き(膝関節の屈曲)にも関与します。

歩行やランニング、ジャンプ、体を前方と上方に進める動作は腓腹筋とヒラメ筋の力にかかっています。

日常でも負担の掛かりやすい筋肉ですから、腓腹筋はつりやすい筋肉とも言えます。

また腓腹筋の下部のアキレス腱は非常に大きな腱ですが、完全断裂という外傷を受けることもあります。

腓腹筋(ひふくきん)の解説

腓腹筋

腓腹筋

腓腹筋大腿骨から踵骨に付着する筋肉です。

腓腹筋は足関節が背屈しているとき(つま先が上がっているとき)には膝関節の屈筋として膝が伸展しているとき(膝が伸びているとき)には足関節の底屈筋として力を発揮します。

腓腹筋の起始
腓腹筋の内側頭:大腿骨内側顆の後面
腓腹筋の外側頭:大腿骨外側顆の後面

腓腹筋の停止
アキレス腱を経て踵骨隆起へ停止

腓腹筋の起始部

腓腹筋の起始部

腓腹筋の起始部

腓腹筋の起始部は大腿骨で、大腿骨は脛骨と蝶番関節である膝関節を構成します。

腓腹筋は起始部が2つあり、内側の起始部(腓腹筋の内側頭)は大腿骨内側顆の後面、外側の起始部(腓腹筋の外側頭)は大腿骨外側顆の後面に付着しています。

腓腹筋の停止部

腓腹筋の停止部

腓腹筋の停止部

腓腹筋の停止部は踵骨の踵骨隆起です。

腓腹筋とヒラメ筋はともにアキレス腱となり同じ位置に停止部を持ちます。

腓腹筋の英語名

Gastrocnemius musucle

腓腹筋の神経支配

脛骨神経(S1/2)

腓腹筋の触診

腓腹筋はふくらはぎの筋肉の中で触診しやすい筋肉で、腓腹筋は下腿の後方上部で触診することが可能です。

下腿三頭筋

あまりなじみの無い名称ですが、腓腹筋とヒラメ筋を合わせて下腿三頭筋と呼ぶこともあります。

分離している起始部(筋肉の頭)は腓腹筋が2つ、ヒラメ筋が一つあるので下腿三頭筋というんですね。

太ももの前面の筋肉、大腿四頭筋も4つの筋肉の総称で、太ももの後面のハムストリングスも3つの筋肉の総称です。

筋肉はこうやってまとめて名称をつけることが多いんですね。

腓腹筋の働き

腓腹筋の起始と停止を見ると膝関節、足関節、2つをまたいでいるのがわかると思います。

腓腹筋のように2関節をまたぐ筋肉は2関節筋と言い、2つの関節の動きに関与します。

腓腹筋の膝関節を曲げる働き

腓腹筋の膝関節の屈曲

腓腹筋の膝関節の屈曲

腓腹筋の膝関節の屈曲とは膝を曲げる動きです。

腓腹筋は足関節が背屈しているとき(つま先が上がっているとき)に膝関節の屈筋として力を発揮し、足関節が底屈しているときにはその力は弱まります。

腓腹筋の足首を底屈させる働き

腓腹筋の足関節の底屈

腓腹筋の足関節の底屈

腓腹筋の足関節の底屈とはブレーキを踏むように足先を下に下げる動きです。

膝が伸びているとき(膝関節の伸展時)腓腹筋は足首を底屈させる筋肉として力を発揮します。

膝が曲がっていると腓腹筋の底屈作用は力を失ってしまって、足首を底屈させる作用が弱まります。

例えば、車に乗って座席を前に出しすぎた時などは、膝が曲がりすぎてブレーキを踏むのが困難になります。

腓腹筋に多い障害

ほとんどのスポーツや運動において下腿への激しい負担がかかるので、腓腹筋のような下腿の筋肉には慢性的および急性的な障害がよく発生します。

ふくらはぎがつるというのは腓腹筋やヒラメ筋の急性筋痙攣によって引き起こされます。

腓腹筋がつってしまったときには、自動的にでも他動的にでも腓腹筋の働きの反対に足関節を背屈させることで和らげられます。

またアキレス腱は腓腹筋、ヒラメ筋を踵骨に付着させている強力な腱ですが、しばしば完全断裂という損傷を受けることもあります。

筋力強化・ストレッチング

腓腹筋は膝を伸ばして踵を上げる運動(ヒール・レイズ、カーフ・レイズ)で可動域全体にわたって強化することができます。

段差のふちでつま先だけで踵を上げ下げしたり、ダンベルをもって負荷をかければより腓腹筋の筋トレになります。

腓腹筋を伸ばすにはその働きの反対、足首の背屈でストレッチすることができます。

膝を伸ばしたまま、壁に両手をつき上体を倒すと腓腹筋~アキレス腱を伸ばすことができます。

参考リンク:腓腹筋のストレッチ


関連記事・広告

-足関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.