筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

浅指屈筋の肘関節の屈曲

肘関節の筋肉と骨格

肘を曲げる動き(肘関節の屈曲)と筋肉

更新日:







肘を曲げる動きは肘関節の屈曲で、主に上肢の前方の筋肉が肘を曲げる働きをします。

単純な動きしかできない肘関節

肘関節の動き

肘関節は曲げる・伸ばす(屈曲と伸展)しかできない蝶番関節です。

上腕骨尺骨が肘関節を構成します。肘関節は蝶番関節に分類され、曲げる・伸ばすといった単純な動きしかできませんが、大きな可動域を持っている関節です。

前腕をねじるような動き(回外回内)は肘関節の動きではなく、橈尺関節によるものです。

肘を曲げる動き(肘関節の屈曲)

肘を曲げる動き

肘を曲げる動き(肘関節の屈曲)

肘が伸びている状態(伸展位)から肘を曲げる動きが肘関節の屈曲です。

肘を曲げる限界

一般的に肘関節は0°の伸展位から140~150°まで屈曲が可能です。

肘が20°以上曲がると骨格による安定性は低下して、肘関節は内側と外側に不安定になります。

肘を曲げる筋肉

肘を曲げる筋肉は上腕骨や肩甲骨に付着して、尺骨や橈骨に付着します。

位置的に見ると上肢の前方にある上腕筋、上腕二頭筋などの筋肉が肘関節の屈曲に関与し、前腕の橈側にある腕橈骨筋も肘の屈曲に関与します。

肘を曲げる筋肉


関連記事・広告

-肘関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.