筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

上腕三頭筋

肘関節の筋肉と骨格

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)

更新日:







上腕後面を走行する上腕三頭筋は起始部が3つあり、肩関節の伸展と内転、肘関節の伸展に作用する二関節筋です。

肘関節は主に上腕三頭筋が伸ばし(伸展)、上腕筋上腕二頭筋が曲げる(屈曲)、単純な動きしかできない関節ですが、非常に大きな可動域を持つ関節で上腕三頭筋は肘の伸筋として強力な力を発揮します。

また、上腕三頭筋の長頭は肩関節の伸筋としても大きな力を発揮します。

上腕三頭筋の解説

上腕三頭筋の解説

上腕三頭筋の走行と働き

上腕三頭筋は字の通り、3つの頭(起始部)を持ち、長頭は肩甲関節下結節、外側頭は上腕骨近位の後外面、内側頭は上腕骨中部の後内面に起始部を持ち、ともに肘頭に停止します。

上腕三頭筋は腕立て伏せで肘を伸ばす時によく使われ、何かを押すといった動作でもよく使われる筋肉です。

上腕三頭筋の長頭は肩関節の伸筋としても重要な役割を持っており、上腕三頭筋全体として肘関節の伸筋として大きな力を発揮します。

起始部:

  • 長頭:肩甲関節下結節
  • 外側頭:上腕骨近位の後外面
  • 内側頭:上腕骨中部の後内面

停止部:
肘頭

機能:

  • 肩関節の伸展(長頭のみ)
  • 肩関節の内転
  • 肘関節の伸展


上腕三頭筋の起始部

上腕三頭筋の起始部は3つあるため三頭筋と名称がついていますが、他の多頭筋には大腿四頭筋大腿二頭筋上腕二頭筋などがあります。

外側頭・内側頭

上腕三頭筋(外側頭・内側頭)の起始部

上腕三頭筋(外側頭・内側頭)の起始部

上腕三頭筋(外側頭・内側頭)の起始部は上腕骨の後面です。

二の腕の骨、上腕骨は肩甲骨と肩関節、上腕骨と尺骨とで肘関節を形成し、上腕三頭筋の外側頭・内側頭が収縮することにより、肘関節が伸展します。

長頭

上腕三頭筋(長頭)の起始部

上腕三頭筋(長頭)の起始部

上腕三頭筋(長頭)の起始部は肩甲骨の肩甲関節下結節です。

肩甲骨は鎖骨と肩鎖関節、上腕骨と肩関節を構成し、上腕三頭筋の長頭は肩関節の伸展と内転に作用します。

上腕三頭筋のように肩関節を動かす筋肉や肩甲骨を動かす筋育は肩甲骨の各部位の名称を知っておくと、その働きも理解しやすくなります。

上腕三頭筋の停止部

上腕三頭筋の停止部

上腕三頭筋の停止部

上腕三頭筋の停止部は尺骨の肘頭(ちゅうとう)です。

尺骨は上腕骨と肘関節、橈骨と橈尺関節を構成し、上腕三頭筋が収縮することで肘関節が伸展します。

神経支配

橈骨神経(C7・8)

上腕三頭筋の触診

上腕三頭筋は上腕後面を覆う表層の筋肉なので、上腕後面と外側で広く触れることができます。

上腕三頭筋の働き

上腕三頭筋は長頭のみ肩関節の伸展、内転に働き、上腕三頭筋全体として肘関節の伸筋として大きな力を発揮します。

肘関節の伸展

上腕三頭筋の働き

上腕三頭筋の働き、肘を伸ばす動き

上腕三頭筋の肘を伸ばす働き、肘関節の伸展とは肘が曲がった状態、肘関節の屈曲位から肘を伸ばす動きです。

一般的に肘関節は0°の伸展位から140~150°まで屈曲が可能で、上腕三頭筋や肘筋が肘関節の伸展に作用します。

肘関節を完全に伸ばすと尺骨の肘頭が上腕骨の肘頭窩にカチッとはまって、それ以上伸展できなくなり安定が保たれます。

肩関節の伸展

上腕三頭筋の肩の伸展

上腕三頭筋の肩関節の伸展の動き

上腕三頭筋の肩関節の伸展とは、上腕骨がまっすぐ後方に向かう動きで、肩関節の伸展に伴い肩甲帯(肩甲骨)は下制か下方回旋をします。

肩関節は一般的に40~60°の伸展が可能です。

上腕三頭筋の長頭のみ肩関節の伸展に作用し、他に肩関節を伸展させる大きな筋肉には三角筋(後部)・小円筋肩甲下筋大円筋広背筋大胸筋(下部)などがあります。

肩関節の内転

上腕三頭筋の働き

上腕三頭筋の肩関節の内転の動き

上腕三頭筋の肩関節の内転とは、上腕が体幹に向かって近づいていく動きで肩関節の内転に伴い、肩甲帯(肩甲骨)は下方回旋します。

一般的に肩関節は体幹の前面で75°の内転が可能で、烏口腕筋肩甲下筋大円筋広背筋大胸筋(下部)などが肩関節を内転させる大きな筋肉で、上腕三頭筋は内転を補助する筋肉として働きます。

機能強化

肘関節を伸展させる大きな筋肉には、この上腕三頭筋位しかありません。肘筋も肘関節の伸展に作用しますが、肘筋は短いため大きな力を発揮する筋肉ではなく肘関節の安定を維持する筋肉です。

上腕三頭筋は肘を伸ばす動作でよく鍛えられるため、様々なエクササイズが有効です。

筋力強化

ベンチ・プレス、ディッピング、フレンチ・カールなど肘を伸ばす動きに負荷をかけるエクササイズで上腕三頭筋は鍛えることができ、自身の身体の重みを使った腕立て伏せなども効果的です。

ストレッチング

上腕三頭筋は肩と肘を最大限屈曲させることでストレッチングが可能です。

関連記事・広告

-肘関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.