筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

顆状関節

骨と関節の分類

顆状関節(かじょうかんせつ)

更新日:







人体には成人で206個の骨があり、206個の骨はお互いに接して数多くの関節を構成し、関節はその動きから大きく3つに分類されています。

動かない不動関節、少し動く半関節、それによく動く可動関節で可動関節は構造的に大きく6種類に分類されます。

6種類の可動関節


顆状関節

顆状関節は滑走関節のように骨の平坦な面どうしが組み合わさっていますが、滑走関節のように軸を中心とした回旋の動きは生じません。

顆状関節の動き

顆状関節の動き

顆状関節の動き



人体の顆状関節

人体の顆状関節

人体の顆状関節

人体では手先や足先に顆状関節があります。

俗にいう手首、手関節は橈骨と手根骨(舟状骨月状骨三角骨)が作る関節で顆状関節に分類され、手の第2・3・4・5指の中手指節関節や足の中足趾節関節(手足ともにMP関節とも呼ばれます)などが顆状関節です。

関連記事・広告

-骨と関節の分類
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.