筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

肩甲骨の下制

肩甲帯の筋肉と骨格

肩甲骨の下制の動きと筋肉

更新日:







肩甲骨を引き下げる動きが肩甲骨の下制の動きで、逆に肩を引き上げる(肩をすくめる)動きは肩甲骨の挙上と呼びます。

肩甲骨と鎖骨が構成する肩甲帯の動きは肩甲骨の動きと捉えると把握しやすいものです。

肩甲骨を下制させる筋肉には僧帽筋、小胸筋、鎖骨下筋などがあります。

肩甲骨の下制(かせい)の動き

肩甲骨の下制の動き

肩甲骨の下制の動き

肩を落とす動き、肩を引き下げる動きが肩甲骨の下制の動きで、肩甲骨が下方に動きます。

肩甲骨は鎖骨と肩甲帯を構成し、肩甲骨の動きには胸鎖関節肩鎖関節・肩甲胸郭関節(滑動部)が関与します。

肩甲帯(肩甲骨)の動き

肩甲骨の動き

肩甲帯(肩甲骨)の動き


肩甲骨を下制させる筋肉

肩甲骨を下制させる筋肉

肩甲骨を下制させる筋肉

ここでは肩甲骨を動かす主に5つの筋肉を解説しています。

肩関節と肩甲帯を別々のものとして理解しておくと肩甲骨の動きは把握しやすく、肩関節を動かす筋肉も肩甲骨に付着しますが肩甲骨を動かす主働筋ではありません。

肩甲骨の下制には僧帽筋・小胸筋・鎖骨下筋が関与します。

肩甲骨を下制させる筋肉


関連記事・広告

-肩甲帯の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.