筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

基節骨

足関節の筋肉と骨格 手関節の筋肉と骨格

基節骨(きせつこつ)

更新日:







手と足の指の骨、基節骨は手足で同じ名称なので、今回は手と足の基節骨を一緒に解説しておきます、

基節骨

基節骨は左右の手足に5本ずつあり、基節骨は短骨に分類されます。

手の指の骨は、中手骨があり指骨(基節骨・中節骨・末節骨)と続き、足の指の骨は中足骨から趾骨(基節骨・中節骨・末節骨)となります。

手足の指の基本構造は同じになります。

手の基節骨

手の基節骨

手の基節骨

手の骨格は前腕に橈骨尺骨があり、8個の手根骨中手骨、そして指骨(基節骨中節骨末節骨)となります。

母指だけは骨が一本少なく、親指の指骨は基節骨末節骨のみになります。

手の基節骨が作る関節

手の基節骨が作る関節

手の基節骨が作る関節

手の基節骨は中手骨と中手指節関節(ちゅうしゅしせつかんせつ)を形成し、この関節はMP関節とも呼ばれます。

また、手の基節骨は母指は末節骨と指節関節、他の四指は中節骨と近位指節関節(きんいしせつかんせつ)を形成し、これはPIP関節とも呼ばれます。

手の基節骨に付着する筋肉

手の基節骨には主に指を動かす筋肉が付着しています。

母指の基節骨には、短母指伸筋・短母指外転筋・短母指屈筋・母指内転筋などが付着し、小指の基節骨には、小指外転筋・短小指屈筋などが付着します。

また基節骨は側副靭帯、掌側靭帯などによって強く保持されています。

足の基節骨

足の基節骨

足の基節骨

足の骨格は、下腿の脛骨腓骨の下に距骨踵骨があり、5つの足根骨中足骨趾骨(基節骨・中節骨・末節骨)と続きます。

足の親指も他の四指に比べて骨が一本少なく、基節骨・末節骨と続きます。

足の基節骨が作る関節

足の基節骨が作る関節

足の基節骨が作る関節

足の基節骨は中足骨と中足趾節関節(ちゅうそくしせつかんせつ)を形成し、この関節はMP関節とも呼ばれます。

また母趾の基節骨は末節骨と母趾の趾節間関節(しせつかんかんせつ)を形成し、IP関節とも呼ばれます。

他の四指の基節骨は中節骨と近位趾節間関節(きんいしせつかんかんせつ)を形成し、PIP関節とも呼ばれます。

足の基節骨に付着する筋肉

足の基節骨には指を動かす筋肉が付着します。

母趾には、短母趾伸筋、母趾外転筋、短母趾屈筋、母趾内転筋、小指には小趾外転筋、短小趾屈筋などが停止部を持っています。

関連記事・広告

-足関節の筋肉と骨格, 手関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.