筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

後足部

足関節の筋肉と骨格

後足部(こうそくぶ)の骨格と動き

更新日:







足の骨格は、太ももの骨である大腿骨、下腿の骨が二本(脛骨腓骨)と続き、後足部・中足部・前足部と続きます。

後足部

足の骨格と後足部

足の骨格と後足部

裏から見た後足部

裏から見た後足部

下腿からの先の足の骨格は3つの部位、後足部中足部前足部に分けられます。

後足部とは踵骨と距骨が構成する部分で、脛骨・腓骨・距骨は俗にいう足関節(距腿関節)を形成しています。

後足部の骨格、踵骨

後足部を構成する踵骨

後足部を構成する踵骨

後足部を構成する踵の骨は踵骨(しょうこつ)です。

踵骨は脛骨、腓骨とは接していませんが、距骨と距骨下関節、足根骨と横足根関節を形成しています。

後足部の骨格、距骨

上から見た距骨

上から見た距骨

後足部の距骨

後足部の距骨

後足部を構成する距骨は、脛骨・腓骨と足関節(距腿関節)を形成し、踵骨と距骨下関節、足根骨と横足根関節を形成しています。

後足部の動き

脛骨・腓骨と後足部の関節では屈曲と伸展が起こり、約50°の底屈、15~35°の背屈が可能です。

後足部の距骨下関節、横足根関節では内反と外反の動きが起こり、約20~30°の内反、5~15°の外反が可能です。

関連記事・広告

-足関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.