筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

距骨

足関節の筋肉と骨格

距骨(きょこつ)

更新日:







足の骨、距骨(きょこつ)は脛骨、腓骨とで俗にいう足首(距腿関節)を構成します。

距骨

母趾側から見た距骨

母趾側から見た距骨

小指側から見た距骨

小指側から見た距骨

下腿の骨、脛骨腓骨の下に距骨があり、その下に踵の骨である踵骨があり、体重は脛骨を経て距骨、踵骨に伝わります。

足の骨:距骨

  • 日本語:距骨
  • 英語:talus bone

距骨は短骨に分類されます。

距骨が作る関節

距骨は脛骨と蝶番関節、足根骨・踵骨と滑走関節を形成します。

距骨と脛骨、腓骨の関節

後ろから見た距骨

後ろから見た距骨

俗にいう足関節は距腿関節といい、距骨と脛骨と腓骨で構成されます。

距骨と踵骨の関節

距骨と踵骨は距骨下関節を形成し、お互いの骨がずれるようにわずかに動く滑走関節を形成しています。

距骨と足根骨の関節

上から見た距骨

上から見た距骨

距骨と足根骨である舟状骨も滑走関節で、わずかに動きのある関節です。

距骨に付着する筋肉

距骨には大きな筋肉は付着していませんが、数多くの靭帯が付着しています。

三角靭帯や数多くの靭帯が距骨に付着して、距骨が作る関節は強力に保持された構造となっています。

関連記事・広告

-足関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.