筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

大腿四頭筋の内側

膝関節の筋肉と骨格

内側広筋(ないそくこうきん)

更新日:







3つの広筋群のうち、一番内側にある内側広筋は大腿四頭筋を構成する4つの筋肉のうちの一つです。

内側広筋を含む3つの広筋群は全て膝関節の伸展、膝を伸ばす働きを持ちます。

内側広筋の解説

内側広筋

内側広筋の走行と働き

太もも前面の筋肉内側広筋を含む3つの広筋群は歩行やランニングなど、膝が曲がった状態から伸ばす運動でよく使われる筋肉で、立っているときに膝を伸展し続ける為にも使われます。

内側広筋は膝蓋骨の上縁内側に停止部を持ちますが、筋繊維の方向が内側に向かって斜めであることから、膝蓋骨の安定性の確保にも関与します。

内側広筋の起始部:
大腿骨粗線の全長、内側顆の稜線

内側広筋の停止部:
膝蓋骨の上縁内側、膝蓋骨を経て脛骨粗面に停止

内側広筋の機能
膝関節の伸展

内側広筋の起始部

内側広筋の起始部

内側広筋の起始部

内側広筋の起始部は大腿骨で、脛骨と膝関節(しつかんせつ)を構成します。

膝関節は大腿脛骨関節(だいたいけいこつかんせつ)とも呼ばれ、人体で一番大きな関節で蝶番関節に分類される動きは単純ですが大きな可動域を持つ関節です。

内側広筋の停止部

内側広筋の停止部

内側広筋の停止部

内側広筋の停止部は膝蓋骨と脛骨です。

膝蓋骨は種子骨で、内側広筋を含む大腿四頭筋と膝蓋靭帯に包まれています。

膝蓋骨は滑車のような役割をして、大腿四頭筋が下腿を引き上げる角度を大きくします。これにより内側広筋を含む大腿四頭筋が膝関節の伸展運動で機能的に働くことができます。


内側広筋の神経支配

大腿神経(L2・3・4)

内側広筋の触診

内側広筋は膝関節付近の大腿前方の内側で触診することができます。

内側広筋が構成する大腿四頭筋

大腿四頭筋とは3つの広筋群(外側広筋中間広筋内側広筋)と大腿直筋、4つの筋肉の総称で、人体で一番大きな筋肉です。

3つの広筋群は大腿骨から膝蓋骨・脛骨に付着し膝関節の伸展のみに関与しますが、大腿直筋だけは骨盤に起始部を持ち、膝関節の伸展と股関節の屈曲に関わる二関節筋です。

よって大腿四頭筋全体の働きとしては、膝を伸ばし股関節を曲げる働きを持ちます。

大腿四頭筋はジャンプ能力に関わる筋肉なのでジャンプ筋とも呼ばれ、ジャンプ能力に優れている人はこの筋肉が発達してると言えます。

力強い下半身の動きを引き出すには大腿四頭筋とその拮抗筋であるハムストリングスの筋力とバランスが重要です。(一般的に大腿四頭筋はハムストリングスより25~33%強いのが理想とされています。)

内側広筋の働き

内側広筋を含む3つの広筋群は全て膝関節の伸展にのみかかわる筋肉です。

膝関節の伸展

内側広筋の働き

内側広筋の膝関節の屈曲

内側広筋の働きである膝関節の伸展とは、膝が曲がっている状態(屈曲位)から膝を伸ばす動きです。

膝関節は通常、0°の完全伸展位から140°の屈曲が可能な大きな可動域を持つ関節です。

機能強化

内側広筋は膝を伸ばす働きを持つので、膝を伸ばす動作に負荷をかけたりすることで筋力強化でき、その働きの逆の動き(膝を完全屈曲する動き)でストレッチングすることができます。

筋力強化

内側広筋はニーエクステンション(レッグ・エクステンション)という運動で集中的に鍛えることができます。

これはテーブルなどの台の上に座って膝から下を垂らし、そこから膝をゆっくり伸展させていく運動です。

膝が完全に伸びたら数秒間止めてゆっくりと戻りますが、マシーンやチューブなどで負荷を与えると更に鍛えることができる運動です。

また、内側広筋の停止部(膝蓋骨上縁内側)付近の筋繊維は極端に内側方向に走行しているため、内側広筋斜繊維(VMO)とも呼ばれます。

VMOは膝関節の伸展最後の10~20°の可動域で最も強化されます。

ストレッチング

内側広筋は膝を完全屈曲位にすることで伸ばすことができます。

正座をして上体を後ろに倒し、肘をつき背中をつくと、内側広筋を含む大腿四頭筋全体をストレッチングすることができます。

関連記事・広告

-膝関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.