筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

手根中手関節

手関節の筋肉と骨格

手根中手関節(しゅこんちゅうしゅかんせつ)

更新日:







手根骨と中手骨とが作る関節が手根中手関節(しゅこんちゅうしゅかんせつ)です。

手根中手関節

手根中手関節

手根中手関節

手の骨格は前腕の骨(橈骨尺骨)の遠位に8個の手根骨が2列に並び、その先が中手骨指骨と続きます。

手根骨は5本の中手骨と接して、手根中手関節を形成し、この関節はCM関節とも呼ばれます。

手根中手関節を構成する手根骨

手根中手関節を構成する手根骨

手根中手関節を構成する手根骨

手根中手関節を構成する手根骨は8個ありますが、そのうちの大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鈎骨が中手骨と接し、手根中手関節を形成します。

8つの手根骨

手根中手関節を構成する中手骨

手根中手関節を構成する中手骨

手根中手関節を構成する中手骨

手根中手関節を構成する中手骨は各指にあり、片手で5本の中手骨があり、遠位では指骨(基節骨)と中手指節関節(MP関節)を形成します。

関連記事・広告

-手関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.