筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

手根骨

手関節の筋肉と骨格

手根骨(しゅこんこつ)

更新日:







手の付け根の骨は8個あり、手根骨と呼ばれます。

手根骨は短骨に分類され、橈骨と手関節(手首)、手根骨同士と中手骨とで関節を形成します。

手根骨

手のひら側から見た手根骨

手のひら側から見た手根骨

手の甲側から見た手根骨

手の甲側から見た手根骨

手根骨は8個あり、それぞれに固有の名称がついています。

8つの手根骨

足にも手と同じように足根骨があり、足の足根骨は5個あります。

手根骨が作る関節

手根骨は橈骨と手関節、手根骨同士の関節、中手骨と手根中手関節を形成します。

手根骨と橈骨の関節

手根骨と橈骨の関節

手根骨と橈骨の関節

3つの手根骨(舟状骨・月状骨・三角骨)が橈骨と接し、手関節を形成します。

手関節顆状関節に分類され、屈曲と伸展、外転と内転(橈屈と尺屈)が可能です。

前腕をねじる動き(前腕の回外回内)は手関節の動きと混同されやすいですが橈尺関節によるものです。

手根骨同士の関節

手根骨同士の関節

手根骨同士の関節

手根骨同士は互いに接しあい滑走関節を形成します。

手根骨と中手骨の関節

足根骨と中手骨の関節

足根骨と中手骨の関節

手根骨と中手骨手根中手関節(CM関節)を形成します。

手根骨に付着する筋肉

手根骨には数多くの小さい内在筋や靭帯が付着しますが、大きな筋肉としては尺側手根屈筋などが付着します。

関連記事・広告

-手関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.