筋肉、骨格の機能解剖とストレッチやセルフマッサージのコツ

筋肉・骨格ガイド

前足部

足関節の筋肉と骨格

前足部(ぜんそくぶ)の骨格と動き

更新日:







足の骨格は、前足部中足部後足部に分けられますが、前足部は中足骨と3つの趾骨(基節骨・中節骨・末節骨)から形成されます。

前足部

足の骨格と前足部

足の骨格と前足部

裏から見た前足部

裏から見た前足部

5つの足根骨が作る中足部から先が前足部です。

前足部は片足五本の中足骨と、14本の趾骨で形成されています。

前足部の中足骨

中足部の中足骨

中足部の中足骨

前足部の中足骨長骨に分類され足根骨と接し、足根中足関節を形成します。

前足部の3つの趾骨

前足部を構成する趾骨

前足部を構成する趾骨

前足部を構成する趾骨は、基節骨中節骨末節骨です。

母趾は他の四指に比べて骨が一本少なく、基節骨・末節骨の構造で、他の四指は基節骨・中節骨・末節骨の構造になっています、これは手の骨格も同様です。

前足部を構成する趾骨は全て短骨に分類されます。

前足部の動き

前足部の中足骨と足根骨の関節、足根中足関節ではほとんど動きはありませんが、顆状関節に分類される中足骨と基節骨の関節(中足趾節関節)では、母趾は45°の屈曲と70°の伸展、他の四指では40°ずつの屈曲と伸展が可能です。

母趾の基節骨と末節骨の関節では0°の伸展位から90°の屈曲が可能で、他の四指の基節骨と中節骨の関節では0°の伸展位から35°の屈曲、中節骨と末節骨の関節では60°の屈曲と30°の伸展が可能です。

指の動きの可動域は個人差が出やすいところですが、中足趾節関節(MP関節)ではわずかな内転と外転が可能です。

関連記事・広告

-足関節の筋肉と骨格
-

Copyright© 筋肉・骨格ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.